2007年06月27日

R氏の一日の始まりと終わり。

早起き3文の得と云いますので、早起きを心がけておるのですが、なかなか難しい。

まず、夜床につく時間を早くしたいのだけれども、知らず、気がつけば11時を軽く過ぎていて、眠りに堕ちるのが、12時になっている。所謂、今までの悪習慣から、抜け出せないでいる。

人間は、習慣の動物だと、どこかの偉い人が仰ってますが、確かに肯けますな。

日常生活では、ほとんどが無意識の、選択の連続ですので、悪習慣が身についている私など、1日中無駄なことばかりしているか、目の前の些事に追いかけられているうちに、1日が終わってしまっている。

特に、この3日ほどは、一日分の1時間単位の日課表作成を、完全に怠っている。仕事がのっているときは、日課表は前夜作成し、なんと!100パーセント達成するという快挙を達成できる自分がいます。

ひとは誰も易きに流れ行く者であり、私は、その流れの先頭を行くものです。心引き締めて、今から、今日一日を無駄にしないため、4日ぶりに本日分の日課表を創ることにします。……それにしても自己管理って難しい、勤め人が平均的にみると、時間的には、合理的に生活してる感じはしますね。

時間的観点から、悪習慣を述べてきましたが、時間に限らず私たちは、何かと悪習慣に沿うて生きてますね。悪習慣を意識的に捨て去り、良き習慣を身につけるには、確かに時間と、決心、実践の積み重ねが必要になります。それには、莫大な意思エネルギーが必要です。 かつて偉人が語った詞に、「健康になりたくば、食べたくない物を食べ、飲みたくない物を飲め」とあります。

悪習慣対策も、良き習慣を身につけるためには、所謂、我慢、忍耐などがある一定の期間必要だと思います。我慢しながらか嫌だけど、それを続けていくうちに、その行為が、習慣化されると思います。だから、昔のことばに、三日坊主があり、殆どの方は、この手の坊主止まりで、人生を終わられるのでは、ないでしょうか?

しかし、私は、良き習慣を身につけるのに時間がかかるという事で、がっかりしてはいません。今日一日、または、一日一生の考えを元に、明日以降は明日の風に任せるが、今日だけ、悪習慣を絶ち、良き習慣を行動する、とそれだけのシンプル思考で行けば、近い将来道が拓けると思います。

そうでないと、私自身の人生再建計画の予定が、崩れさりますので、良き習慣は、人類を救いますと、大胆に宣言しながら、……サヨナラサヨナラ、サヨナラ☆
posted by あそびと at 11:03| 熊本 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家Rの告白 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月25日

R氏、起き上がる。

やっぱ、ちょっと稼がないかんな。よいしょっと。・・・
posted by あそびと at 07:38| 熊本 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家Rの告白 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

R氏からのお願い・・・?

夢屋どの、わたしは、易きに流れたもうて、筆が筆入れで鼾をかいちょります。わたしの担当編集者に、なって下さらぬかのぉ?催促じゃけに、と。・・・
posted by あそびと at 07:36| 熊本 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家Rの告白 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月19日

月下美人伝説


僕は、月下氷人です。

みなさま、この人の名前の由来分かりますか?国語辞典にありますから、調べてみて下さいね。

今般、僕らしくもなく、意を決しまして、7月の末日締め切りの、新風社出版賞に応募する決心をしました。

[あたり]がでますと、100万円GETです。

枚数指定は、なんと、30枚以上と、破格で、デタラメな何を考えているのか、げせぬ編集長の影が実に妖しいのですが、まぁ、修作程度の努力の出力程度の、感じでやりたいと思います。応援お願いします。

今は、原稿用紙に手書きでやっています。

こだわりではなく、ノートパソコンを・・・持ってません!どなたか、要らないパソコンの処分で、丁度棄てようかなぁと、思ってている方おられませんか?

恥ずかしながら、我が書斎兼、食堂の、ワンルームには、CDラジカセ、テレビ、DVDデッキ、洗濯機、万年筆が、存在してない!のであります☆[自慢では、ありません]

と、近況報告を含め、貧乏作家の栄光への成長小説のような僕の人生を、温かいまなざしにて、応援下さいね・・・
posted by あそびと at 07:34| 熊本 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家Rの告白 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月17日

新しくブログに加わっていただいたRさんのエッセイです。これから不定期に載ると思いますが、どうか楽しみにしていてください。

なんと、わたしは幸運な人間なのでしょう。

すばらしい・仲間がいる・・・

私の不幸と思われる状況は、むかしは、恨めしく神を呪いましたが、今では、その逆今日こそ、私自身のステップアップへのチャンスであることに、やっと気づきを感じることが出来るようになりました。
年を執ったがゆえの知恵の獲得なのでしょうか?・・・

実はまだ作品は、ひとつも、完成していません。

沢山のプロットが出来ていて、私が書きたい物を原稿用紙にランダムに書いている自伝的かつ、この狂った日本という社会との葛藤を描いた作品。

おそらく500枚は越えると思います。
私の作家生命と読者の私へのイメージの中核になる予定の作品。

時間もかけます。手間もかけます。その作品とは別に、それよりライトな社会風刺のお笑いかつアクション場面の多い作品を別に一つ書いてます。

恋愛を添えた近未来の思想が一部の権力者に牛耳られているアメリカをついに越えた経済軍事大国中国の出現を風刺した国境を越えた読者を世界にいるまじめでジョークのわかる方への作品を、先の作品の書き方と全く逆に、最初から順番にプロット無視で、大まかな筋は一応考えてますが、主人公や脇役に、勝手にストーリーの展開はまかせています。

この作品を支えるのは、ズバリ私の毎日の読書量と好機心に尽きるかと思います。

これも300枚は最低かかると思うのですが、新人賞に応募したいので、枚数は、応募する先の条件枚数に合わせる予定です。

せこいですが、金も欲しいのも本音だから。

とにかく、まずは、出版社の編集部の私の作品を読む下っ端の社員の目にかなうものでないと、ゴミ箱行きですから、まずは、最初の5枚で、コレは行けると、感じさせる作業が第一の私の職業作家への初仕事になります。

そこをクリアして、編集長が全編を目を通した上で、認められれば、プロ作家の気まぐれな新人賞の審査は、天に任せ、編集長判断で、出版、本の装丁、書店への配本、気の利いた広告などの、出版社の利益とわたしの印税のために、トンポウセイソウしてもらいたいなぁ、と思っています。

当然新人賞に入賞もしくは候補作まで行ければ、ラッキーストライクであります。

ァァァ
posted by あそびと at 12:42| 熊本 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家Rの告白 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最近のコメント
2011.『夢屋だより』年末号より by ツネさん (02/14)
2011.『夢屋だより』年末号より by 逆 ナ ン (02/12)
2011.『夢屋だより』年末号より by セッ クス (01/25)
夜の夢屋。 by 風鈴 (08/20)
大阪のアンドウさんより、素敵な感想をいただきました。 by 吉田 祐一 (08/14)
児童文学作家、丘修三さんご夫妻と御親戚が宿泊されました。 by 喜多朋子 (05/27)
2010・5/2 ヨシダ先生のお仲間の皆さんが、野菜ty(ノナティー)に宿泊されました。その2 by 喜多朋子(吉田祐一の姉) (05/05)
「野菜ty」が宿泊所としてお迎えする初めてのお客様のために、ミユさん、チーさんもいっしょうけんめい準備をしました。 by 喜多朋子(吉田祐一の姉) (05/05)
2010・5/2 ヨシダ先生のお仲間の皆さんが、野菜ty(ノナティー)に宿泊されました。 by 吉田 祐一 (05/05)
今日は、ミサキさんの入所式です。 by 吉田 祐一 (04/12)
2009・12/8〜12/28 メンバーの日記 by しんいちろう (03/21)
2010・メンバーの日記 1月5日〜2月24日 by しんいちろう (03/05)
ご心配、ありがとうがいます。おっしゃるとおり、体調と相談しながらむりをせず、やっていきます。 by 腰痛アドバイザー (02/24)
名前、間違えててすいません。PWさん、これからもよろしくお願いします。 by PW (01/28)
お客様やメンバーのみなさんにごあいさつにいってきました。 by PW (01/27)
ミヤモっちゃんの、2010年、最初に読んだ一冊。〜『働く幸せ・仕事でいちばん大切なこと』大山泰弘著(WAVE出版)〜 by 『働く幸せ』公式ブログ (01/07)
ミヤモっちゃんの、2010年、最初に読んだ一冊。〜『働く幸せ・仕事でいちばん大切なこと』大山泰弘著(WAVE出版)〜 by 吉田祐一 (01/05)
2009・12/16 マイちゃんがやってきました。 by 本田 (12/17)
今日、みんなを迎えに行くと、山々は雪化粧をしていました。 by 阿蘇子 (12/16)
昼食の材料とミユさんの足を比べてみると……。 by 吉田祐一 (11/13)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。