2008年02月06日

メンバーの一人、キヨさんこと佐藤清子さんの挨拶です。

《私のこと》                   〜佐藤清子〜
11月の中旬だったと思いますが、宮地小学校の庭に標語を書いた白柱が何本かたてられました。その中のひとつ「早くみつけて、相手のいたみ」この標語が私の胸深く落ちた。そうなんだ、これなんだとウォーキングしながら考え込んだ。考え込んだ下向きの歩きでは、歩かないがいい。
ちょうど阿蘇高校の近くで、三人の男の子にあった「おばちゃん、おばちゃんに聞いていいね」「いいよ、何でも」「目の所どうしたのね」「これは私がおかあさんのお腹にいる時くっついたの…赤ちゃんの頃は、はしでちょっとついたようなものだったのが私が成長するのと合わせて、この母斑も大きくなったの」三人は「ふ〜ん」といって「ずっと前から聞きたかった」「目はみえるのね?」「痛くないのね?」といった。
「うん、痛くないよ、普通に見えるよ」「ふ〜ん、痛くなくてよく見えて良かったね」といい三人はスキップして帰りました。
人権啓発の学習の結果がでてきたのだろうか。
話は変わりますが、8月を中心に市民の健康診断がありました。
以前は、町の保健の人を中心に汗だくでされていましたが、今は一つの集団でプロ化したようで、すいすい進みます。
身長・体重・尿検査・血圧・心電図・エコー、そして先生の診断されるところに行く。
お医者さんは「心電図はいいよ」そして、私の方をみられた「ああ母斑だなぁ…これはこれで、悲しい思いしたろうね」「はい、何回も」そして、この母斑、私の背中に移動してくれないかとも思いました。何回も思いました。
でも、実は、私はけっこう平気でした。かがみを見るか、写真をみるかしなければ見えないし、でも母はきつかったと思います。私が居れば見えるし、一番の難所にくっついているから。
こんな私でも、24才〜25才の頃はいくつも縁談がありました。「あぁ…これが潮時だ」今、結婚の相手を決める時だと思いました。早期にきまりました。
私のこの母斑を「何でもない」、「問題にならない」といった彼と結婚しました。
私は、ありがたいと思いました。
いつもいい顔しとこう、ニッコリ笑っていようと決心しました。決心して、何日目でしょうか?ニッコリどころか鬼の顔になりました。何とかわいげのない私なのでしょう。でも彼は一度も母斑のことは口にしません。私は、この母斑のあることで人のいたみをとても早くきづきます。
こんなお医者さんに会うのは初めてでした。先生の部屋から出て私はボロボロ涙をだしました。
やさしく言葉かけてもらうと弱いです。
このあと、アンモグラフィー(乳ガンの検査)子宮ガンの検査で終わりました。
胃と腸については、毎年9月頃に専門医のところでおねがいします。
ただひとつ、ほねの量の検査がなくて残念でした。
9月の中旬に結果がわかりました。コレステロールが高いけど〇〇が多いので良いとのこと。
「毎日、元気であることが仕事」と思っています。
posted by あそびと at 09:37| 熊本 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 『夢屋だより』の文章から〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/82632112

この記事へのトラックバック

どうして私、片づけられないの?―毎日が気
Excerpt: 私は23年、ず〜っと、自分と周りの人との「原因のよく分からない違和感」に悩み続けてきました。行動が遅く時間の感覚が鈍い、人の表情や空気が読めてないのは何となくわかるけど、でもどうしたらよいか分からない..
Weblog: あいねのブログ
Tracked: 2008-02-07 18:31
最近のコメント
2011.『夢屋だより』年末号より by ツネさん (02/14)
2011.『夢屋だより』年末号より by 逆 ナ ン (02/12)
2011.『夢屋だより』年末号より by セッ クス (01/25)
夜の夢屋。 by 風鈴 (08/20)
大阪のアンドウさんより、素敵な感想をいただきました。 by 吉田 祐一 (08/14)
児童文学作家、丘修三さんご夫妻と御親戚が宿泊されました。 by 喜多朋子 (05/27)
2010・5/2 ヨシダ先生のお仲間の皆さんが、野菜ty(ノナティー)に宿泊されました。その2 by 喜多朋子(吉田祐一の姉) (05/05)
「野菜ty」が宿泊所としてお迎えする初めてのお客様のために、ミユさん、チーさんもいっしょうけんめい準備をしました。 by 喜多朋子(吉田祐一の姉) (05/05)
2010・5/2 ヨシダ先生のお仲間の皆さんが、野菜ty(ノナティー)に宿泊されました。 by 吉田 祐一 (05/05)
今日は、ミサキさんの入所式です。 by 吉田 祐一 (04/12)
2009・12/8〜12/28 メンバーの日記 by しんいちろう (03/21)
2010・メンバーの日記 1月5日〜2月24日 by しんいちろう (03/05)
ご心配、ありがとうがいます。おっしゃるとおり、体調と相談しながらむりをせず、やっていきます。 by 腰痛アドバイザー (02/24)
名前、間違えててすいません。PWさん、これからもよろしくお願いします。 by PW (01/28)
お客様やメンバーのみなさんにごあいさつにいってきました。 by PW (01/27)
ミヤモっちゃんの、2010年、最初に読んだ一冊。〜『働く幸せ・仕事でいちばん大切なこと』大山泰弘著(WAVE出版)〜 by 『働く幸せ』公式ブログ (01/07)
ミヤモっちゃんの、2010年、最初に読んだ一冊。〜『働く幸せ・仕事でいちばん大切なこと』大山泰弘著(WAVE出版)〜 by 吉田祐一 (01/05)
2009・12/16 マイちゃんがやってきました。 by 本田 (12/17)
今日、みんなを迎えに行くと、山々は雪化粧をしていました。 by 阿蘇子 (12/16)
昼食の材料とミユさんの足を比べてみると……。 by 吉田祐一 (11/13)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。