2010年08月09日

蝉の声を聞きながら〜

おそらく原初というべきか、遠い遠い御先祖様も共通して聞いてきた、しかもかなり限定された季節感と結びついた生き物の鳴き声の一つに、この蝉の声は入るのではないでしょうか。照りつける眩いばかりの日差しの中で鼓膜を揺すらんばかりにざわめく声、夕立ちの後、じわじわと息を吹き返すかのように広がり出す蝉しぐれ……。

そんなとき、過去の情景がふと浮かび上がり、幼き日の夏の思い出や情景はなくとも深い感情のたゆとう中へ彷徨い出る人も多いのかもしれません。

「である」と「がある」……、哲学の世界では「本質存在」と「事実存在」といわれています。はたして「私」はこれまで「私であり」、ちゃんと「私があ(在)った」のか?

突飛なようですが、蝉の声に象徴される古い地層に埋めこまれた声(音)を耳にすると、時間というものが一度に遡行し、存在の根源の問いへ連れ去られることも少なくありません。

そんなとき、もう亡くなって十数年になる慕っていた陶芸家の言葉を思い出します。
「生まれたからには、自分なりに帳尻を合わせて死にたい」と、よく晩年おっしゃっていました。
作品展前など、仕事が込み入ったときお会いすると、
「売るために、生活のためにこうやって作ることは、正直、苦痛なんです」それでも轆轤に向かい続けていた後姿が今もはっきりと浮かび上がります。

しかし、だからこそ、自分はなぜ陶芸の道へすすんだのか、あるいは自分の目指す陶芸とは何だったのか、考えずにはいられないともおっしゃっていました。そうです。初めて目にした、何の装飾もなく、釉薬もかけられていない、まるで「土」そのもがそこに姿を現したかのような素焼きの感動を熱く語っておられたのを昨日のことのように思い出します。

一人の「陶芸家であり」、一人の「陶芸家がいた」ことを証明すること。それこそが、もしかするとその人の人生の「帳尻」を合わせることだったのかもしれません。

でもよくよく考えるに、けっきょく人とはこの二つの問いを、無意識に自分自身へと投げかけながら生きつづけているとは言えないでしょうか。そして願わくば、その両者の果てのさらなる場所「私でもあり、私もいた」地点(認識)へと辿り着きたいのかも……。

今日も、いろんな場所で蝉の声を聞きながら、それぞれにいろんなことを考えたり感じたりした人がいたんでしょうね。

そして、この『遊びとたちのページ』を覗いてくださり、ありがとうございます。
posted by あそびと at 18:31| 熊本 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 代表のつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
最近のコメント
2011.『夢屋だより』年末号より by ツネさん (02/14)
2011.『夢屋だより』年末号より by 逆 ナ ン (02/12)
2011.『夢屋だより』年末号より by セッ クス (01/25)
夜の夢屋。 by 風鈴 (08/20)
大阪のアンドウさんより、素敵な感想をいただきました。 by 吉田 祐一 (08/14)
児童文学作家、丘修三さんご夫妻と御親戚が宿泊されました。 by 喜多朋子 (05/27)
2010・5/2 ヨシダ先生のお仲間の皆さんが、野菜ty(ノナティー)に宿泊されました。その2 by 喜多朋子(吉田祐一の姉) (05/05)
「野菜ty」が宿泊所としてお迎えする初めてのお客様のために、ミユさん、チーさんもいっしょうけんめい準備をしました。 by 喜多朋子(吉田祐一の姉) (05/05)
2010・5/2 ヨシダ先生のお仲間の皆さんが、野菜ty(ノナティー)に宿泊されました。 by 吉田 祐一 (05/05)
今日は、ミサキさんの入所式です。 by 吉田 祐一 (04/12)
2009・12/8〜12/28 メンバーの日記 by しんいちろう (03/21)
2010・メンバーの日記 1月5日〜2月24日 by しんいちろう (03/05)
ご心配、ありがとうがいます。おっしゃるとおり、体調と相談しながらむりをせず、やっていきます。 by 腰痛アドバイザー (02/24)
名前、間違えててすいません。PWさん、これからもよろしくお願いします。 by PW (01/28)
お客様やメンバーのみなさんにごあいさつにいってきました。 by PW (01/27)
ミヤモっちゃんの、2010年、最初に読んだ一冊。〜『働く幸せ・仕事でいちばん大切なこと』大山泰弘著(WAVE出版)〜 by 『働く幸せ』公式ブログ (01/07)
ミヤモっちゃんの、2010年、最初に読んだ一冊。〜『働く幸せ・仕事でいちばん大切なこと』大山泰弘著(WAVE出版)〜 by 吉田祐一 (01/05)
2009・12/16 マイちゃんがやってきました。 by 本田 (12/17)
今日、みんなを迎えに行くと、山々は雪化粧をしていました。 by 阿蘇子 (12/16)
昼食の材料とミユさんの足を比べてみると……。 by 吉田祐一 (11/13)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。