2010年07月25日

大阪のアンドウさんより、素敵な感想をいただきました。

宮本さん

梅雨明け後1週間ですが、急な暑さの日々、いかがおすごしでしょうか。

先週、解放文学賞の授賞式のときに宮本さんの『游人たちの歌』いただきました。

ありがとう。去年一度読んでいるのですが、本になると、違った印象を持ちます。

丁寧に事象を考察し、書いている姿、それが印象に残りました。イメージが鮮明に残る。

一人ひとりの人たちを見る視点、宮本さんの思想というものが明確になっていていいなと思いました。

人が生きる、哀しむ、楽しむ、苦しむ、喜ぶ、いろんなものが総合として人というものがある、いろんな

思いが人一人一人に芽生え、成長し、消滅し、かかわりあいといったことがあるのでしょう。

暑い日々ですが、あなたは大切な人だから、体には気をつけてください。

夢屋のみなさんによろしく。

アンドウ
この記事へのコメント
宮本様
 先日いただいた「游人たちの歌」読みました。夢屋を中心に宮本さんの歩んでこられた日々は、大変なものだったのだということがよく分かりました。いつもの宮本さんの笑顔の裏に、様々な想いがあることを改めて知った次第です。
 この本を読み進めるうちに、今までも抱いていた疑問、つまり、何が宮本さんをここまで障がい者支援に打ち込ませるのだろうかという疑問が湧いてきました。関わるきっかけは冒頭にかいてありましたが、それにしてもなぜここまで全身全霊をかけて取り組まれるのか、障がいを持つ娘の父親としては、宮本さんのような存在はありがたい限りですが、、、。文字には表せない何かがあるのでしょうね。
 −−−障がい者の身を守り、舵取りをし、行き先まで決めるのが健常者の役目ではない。健常者と障がい者が「舟」と「乗る人」の関係ではなく、「水」とそれに「浸かり、戯れる人」の関係だったら。あくまでも障がい者が主体性を発揮しつつ、健常者をサポートする柔らかな水の役割を果たしていきたい。−−−
 最終ページに記されたこの言葉に強く共感しました。僕も、この言葉を胸にSOの活動に関わって行きたいと思います。素晴らしい本をありがとうございました。
Posted by 吉田 祐一 at 2010年08月14日 15:29
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
最近のコメント
2011.『夢屋だより』年末号より by ツネさん (02/14)
2011.『夢屋だより』年末号より by 逆 ナ ン (02/12)
2011.『夢屋だより』年末号より by セッ クス (01/25)
夜の夢屋。 by 風鈴 (08/20)
大阪のアンドウさんより、素敵な感想をいただきました。 by 吉田 祐一 (08/14)
児童文学作家、丘修三さんご夫妻と御親戚が宿泊されました。 by 喜多朋子 (05/27)
2010・5/2 ヨシダ先生のお仲間の皆さんが、野菜ty(ノナティー)に宿泊されました。その2 by 喜多朋子(吉田祐一の姉) (05/05)
「野菜ty」が宿泊所としてお迎えする初めてのお客様のために、ミユさん、チーさんもいっしょうけんめい準備をしました。 by 喜多朋子(吉田祐一の姉) (05/05)
2010・5/2 ヨシダ先生のお仲間の皆さんが、野菜ty(ノナティー)に宿泊されました。 by 吉田 祐一 (05/05)
今日は、ミサキさんの入所式です。 by 吉田 祐一 (04/12)
2009・12/8〜12/28 メンバーの日記 by しんいちろう (03/21)
2010・メンバーの日記 1月5日〜2月24日 by しんいちろう (03/05)
ご心配、ありがとうがいます。おっしゃるとおり、体調と相談しながらむりをせず、やっていきます。 by 腰痛アドバイザー (02/24)
名前、間違えててすいません。PWさん、これからもよろしくお願いします。 by PW (01/28)
お客様やメンバーのみなさんにごあいさつにいってきました。 by PW (01/27)
ミヤモっちゃんの、2010年、最初に読んだ一冊。〜『働く幸せ・仕事でいちばん大切なこと』大山泰弘著(WAVE出版)〜 by 『働く幸せ』公式ブログ (01/07)
ミヤモっちゃんの、2010年、最初に読んだ一冊。〜『働く幸せ・仕事でいちばん大切なこと』大山泰弘著(WAVE出版)〜 by 吉田祐一 (01/05)
2009・12/16 マイちゃんがやってきました。 by 本田 (12/17)
今日、みんなを迎えに行くと、山々は雪化粧をしていました。 by 阿蘇子 (12/16)
昼食の材料とミユさんの足を比べてみると……。 by 吉田祐一 (11/13)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。