2010年07月20日

レヴィ・ストロース考・つづき

「差別」をどうとらえるか?
彼は意識的に何度も、いくつかの場面で表記しています。

その根本は、たとえば、差別をされるものが、ある場面では別の層を差別する側にある、といった多面的な状況を交えた重層的関係にとらえるにとどまるのではなく、差別というカテゴリーの中での「力」の関係を読み解き、差別するもの=加害者、されるもの=被害者といった平板な図式自体を解体していく重要性を語っていることです。


インドのカルカッタを旅したとき、いたるところで出くわす物乞いについてこう書きます。
「これらの不幸な人々を平等な人間として扱いたいと願ったとしても、彼らはこの不正に対して抗議するだろう。彼らは、平等になりたいと望んではいない。彼らはあなたの威勢によって、あなたが彼らを踏みにじることを哀願し懇願しているのだ。つまり、あなたと彼らを分けている隔たりを拡大することによって、彼らはひとかけらの食物を期待しているのであり、われわれのあいだの関係が緊張したものになれば、それだけ彼の実入りも増えるのである」と。

よって、「体制という観点で見れば、体制を破壊することから始めない限り、状況は逆戻り不可能」ということになり、物乞いに対する一切の「拒否」から始める必要性へと導かれて行きます。

「権力」とは、ある力と力との関係といったのはフーコーでしたが、発する側と受容する側との関係の中から「善」や「悪」といった文脈をいったんぬきとり見ていくこと、ア・プリオリに認識している(と思い込んでいる)価値観をいったん蓋然性のもとに払ったのち、「関係」を根本から捉えなおすこと。おそらく彼は、
アマゾンやアジアを旅する中で西洋そのものを客体化していくことを学んでいったのだと思います。

けだし「旅」とは自己そのものの客体化なのかもしれません。







posted by あそびと at 18:19| 熊本 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 代表のつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
最近のコメント
2011.『夢屋だより』年末号より by ツネさん (02/14)
2011.『夢屋だより』年末号より by 逆 ナ ン (02/12)
2011.『夢屋だより』年末号より by セッ クス (01/25)
夜の夢屋。 by 風鈴 (08/20)
大阪のアンドウさんより、素敵な感想をいただきました。 by 吉田 祐一 (08/14)
児童文学作家、丘修三さんご夫妻と御親戚が宿泊されました。 by 喜多朋子 (05/27)
2010・5/2 ヨシダ先生のお仲間の皆さんが、野菜ty(ノナティー)に宿泊されました。その2 by 喜多朋子(吉田祐一の姉) (05/05)
「野菜ty」が宿泊所としてお迎えする初めてのお客様のために、ミユさん、チーさんもいっしょうけんめい準備をしました。 by 喜多朋子(吉田祐一の姉) (05/05)
2010・5/2 ヨシダ先生のお仲間の皆さんが、野菜ty(ノナティー)に宿泊されました。 by 吉田 祐一 (05/05)
今日は、ミサキさんの入所式です。 by 吉田 祐一 (04/12)
2009・12/8〜12/28 メンバーの日記 by しんいちろう (03/21)
2010・メンバーの日記 1月5日〜2月24日 by しんいちろう (03/05)
ご心配、ありがとうがいます。おっしゃるとおり、体調と相談しながらむりをせず、やっていきます。 by 腰痛アドバイザー (02/24)
名前、間違えててすいません。PWさん、これからもよろしくお願いします。 by PW (01/28)
お客様やメンバーのみなさんにごあいさつにいってきました。 by PW (01/27)
ミヤモっちゃんの、2010年、最初に読んだ一冊。〜『働く幸せ・仕事でいちばん大切なこと』大山泰弘著(WAVE出版)〜 by 『働く幸せ』公式ブログ (01/07)
ミヤモっちゃんの、2010年、最初に読んだ一冊。〜『働く幸せ・仕事でいちばん大切なこと』大山泰弘著(WAVE出版)〜 by 吉田祐一 (01/05)
2009・12/16 マイちゃんがやってきました。 by 本田 (12/17)
今日、みんなを迎えに行くと、山々は雪化粧をしていました。 by 阿蘇子 (12/16)
昼食の材料とミユさんの足を比べてみると……。 by 吉田祐一 (11/13)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。