2011年06月16日

今日のつぶやきから〜その3

asonoasobito / 夢屋プラネットワークス
よって、今、原発被害に関してPTSDを論じるのであれば、PTSDの予防の段階なのだから、「安全な場所に避難すること」と「事実を伝えること」が必要ということらしいです。 at 06/16 03:58
asonoasobito / 夢屋プラネットワークス
先ごろ届いた精神科医のメールでは、文科省が言う「放射能を心配しすぎて」PTSDになるかのような説明は間違っているそうだ。「心配しすぎて」PTSDになることはなく、あくまでレイプ、虐待、戦争体験、交通事故等、生命が危険にさらされる現実の出来事の後に生じる疾患だそうです。 at 06/16 03:57
posted by あそびと at 17:18| 熊本 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 代表のつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今日のつぶやきから〜その2

asonoasobito / 夢屋プラネットワークス
文科省が4/20に発表した「放射能を正しく理解するために」の中に「PTSD」に関する誤った表記があるとして、精神科の医師が指摘するこんな文章(メール)が、出版者の知人を介して届きました。http://t.co/NYJRYXw at 06/16 03:40
asonoasobito / 夢屋プラネットワークス
@y_n20110414 「現実から目を逸らす」は多くの日本人の特徴ではないでしょうか。「水に流す」ももしかすると津波から生まれたのではないかと思うくらい、悔恨や悲惨さを洗い落としながら「一つになろう」等というスローガンが全面に出てきます。ノーを発する者は異端となっていくのです。 at 06/15 21:32
posted by あそびと at 17:15| 熊本 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 代表のつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今日のつぶやきの中から〜

asonoasobito / 夢屋プラネットワークス
だが今回、そもそも「地震」や「原発」について、その認識について違いのあった人たちは多く、平常時の実益や震災後の被害の状況の相違(格差)も甚大である。つまり初めて日本は、情報化社会という背景のもと、『民族の分断』の危機(事象)に直面しているのではないか。 at 06/15 12:03
asonoasobito / 夢屋プラネットワークス
大震災以降の日本を戦時中(もしくは戦後すぐ)の状況と酷似するという文言に良く出会う。だが果たしてそうか。明らかに違うこと。それは当時日本全国が天皇制を基盤にした軍国主義に染まり、戦後も被害の違いはあるにせよ、ほぼ一様に「敗戦」の痛手を精神的にしろ物理的にしろ味わったということだ。 at 06/15 11:55
asonoasobito / 夢屋プラネットワークス
入れ替わった鍵盤に合わせ、指運びを一から修正しなおすのか、これまでどおりの弾きか方で、むしろ鍵盤の位置を楽曲に合わせる形で、独自の曲をつくってしまうのか。 at 06/15 11:47
asonoasobito / 夢屋プラネットワークス
私たちは長い間、ある錯誤の中にいたのではないか。それはちょうど黒鍵と白鍵の入れ替わったピアノでソナタを習熟しようとしていたのと似ている。ある日、突然、再び鍵が入れ替わったピアノを引き出され、宣言されるのだ。これからはこっちでいきますと。だが問題はそこからだろう。 at 06/15 11:44
posted by あそびと at 17:00| 熊本 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 代表のつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月15日

まさしくこれが代表のつぶやきです。

asonoasobito / 夢屋プラネットワークス
「地域あってこその小規模作業所」この精神はいつもかわりません。パン作りや作業の合間をぬっては、近くの薬師堂の掃除や道路の空き缶やゴミ拾いをやらせて頂いてます。メンバーも地域の人とつながる喜びがわかり出し、進んでやってくれるので感謝、感謝です。http://t.co/aROsgnL at 06/15 02:01
posted by あそびと at 12:57| 熊本 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 代表のつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月12日

震災で避難されてきたご家族の野菜ty(のなてぃー)宿泊の感想です。

3/11の震災で避難してきた私たち家族をこんなステキなところに泊めていただいて、ありがとうございました。おかげさまでゆっくりでき、心も休めることができました。野菜ty(のなてぃー)のスタッフのみなさんに感謝です。そして縁をつないでくださったオルモのお二人もありがとうございました。愛のこもったゴハンで心があたたまりました。スタッフの笑顔もいやされます。みなさま、これからもよろしくお願いします。


3/11のあと、千葉県の貸家を引き払い、5月に入ってから九州にわたってきた僕たち家族4人は、一週間ほど、この野菜ty(のなてぃー)にお世話になりました。ここでの落ち着いた生活は長い移動や安定しない毎日でつかれのたまっていた僕たちを静かにいやしてくれました。そして阿蘇で出会ったたくさんの人たち、特にお世話になった野菜ty(のなてぃー)のスタッフ、そしてオルモのみなさん、ありがとうございました。皆さんのあたたかい心、親切なサポートの数々には言葉では言い尽くせないほどの感謝の気持ちでいっぱいです。僕たちは来週またこちらへもどってきます。今回の短いけれどあたたかい交流とおつきあいが、これからのきびしいけれど明るい未来の始まりになることを祈りつつ。もっともっと書きたいことはあるのですが、名古屋への出発を控えたあわただしい朝にて。
posted by あそびと at 09:47| 熊本 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日ごろの活動内容の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最近のコメント
2011.『夢屋だより』年末号より by ツネさん (02/14)
2011.『夢屋だより』年末号より by 逆 ナ ン (02/12)
2011.『夢屋だより』年末号より by セッ クス (01/25)
夜の夢屋。 by 風鈴 (08/20)
大阪のアンドウさんより、素敵な感想をいただきました。 by 吉田 祐一 (08/14)
児童文学作家、丘修三さんご夫妻と御親戚が宿泊されました。 by 喜多朋子 (05/27)
2010・5/2 ヨシダ先生のお仲間の皆さんが、野菜ty(ノナティー)に宿泊されました。その2 by 喜多朋子(吉田祐一の姉) (05/05)
「野菜ty」が宿泊所としてお迎えする初めてのお客様のために、ミユさん、チーさんもいっしょうけんめい準備をしました。 by 喜多朋子(吉田祐一の姉) (05/05)
2010・5/2 ヨシダ先生のお仲間の皆さんが、野菜ty(ノナティー)に宿泊されました。 by 吉田 祐一 (05/05)
今日は、ミサキさんの入所式です。 by 吉田 祐一 (04/12)
2009・12/8〜12/28 メンバーの日記 by しんいちろう (03/21)
2010・メンバーの日記 1月5日〜2月24日 by しんいちろう (03/05)
ご心配、ありがとうがいます。おっしゃるとおり、体調と相談しながらむりをせず、やっていきます。 by 腰痛アドバイザー (02/24)
名前、間違えててすいません。PWさん、これからもよろしくお願いします。 by PW (01/28)
お客様やメンバーのみなさんにごあいさつにいってきました。 by PW (01/27)
ミヤモっちゃんの、2010年、最初に読んだ一冊。〜『働く幸せ・仕事でいちばん大切なこと』大山泰弘著(WAVE出版)〜 by 『働く幸せ』公式ブログ (01/07)
ミヤモっちゃんの、2010年、最初に読んだ一冊。〜『働く幸せ・仕事でいちばん大切なこと』大山泰弘著(WAVE出版)〜 by 吉田祐一 (01/05)
2009・12/16 マイちゃんがやってきました。 by 本田 (12/17)
今日、みんなを迎えに行くと、山々は雪化粧をしていました。 by 阿蘇子 (12/16)
昼食の材料とミユさんの足を比べてみると……。 by 吉田祐一 (11/13)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。